September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

無料は、無料ではないかもしれない話について

JUGEMテーマ:社長の頭の中

 

<<麻生真稔の思考>>

 

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/9/05】

 

 

今は、動画で情報発信することが誰にでも可能だ。

世界中どこにいても

いつの時代に作られた映像であっても

良いモノ、参考になるモノは沢山ある。

 

一方でYoutubeの様な広告収入が入ることを目的とした

情報の中には、思わず見てしまう様なタイトルや

動画の編集によって、視聴者を集めたり、

再生回数を増やしたりすることも可能だ。

 

その情報が玉なのか石なのかの

見分けをつけるのは初心者ほど大変になって来ている。

 

それを利用して

FXや仮想通貨などでは

被害も起きる。

ある意味お金が発生することによって

騙されたことがわかるのだから

境目がわかる。

 

何かを教える系の動画で

いかにも初心者に親切そうな動画であれば

その真偽はわからない方が多いだろう。

 

視聴者には

そのチャンネルが広告収入目的なのか?

何かの有料情報への誘導が目的なのか?

あるいはサービスや製品の宣伝が目的なのか?

最初はほぼわからないのである。

 

途中でその意図がわかった場合

さらに

この人の伝えている情報は自分にとって

プラスなのか?

マイナスなのか?

を再び選別していくことになる。

 

知ろうとすればするほど

情報の選別に時間がかかってしまう

という羽目に陥る。

 

特に、深い意味はなく見ている

という方もいるかもしれないが

であれば、全然関係ない分野の

動画を見ている方が

脳のためにはいいかもしれない。

 

動画を見ている時間を投資している

以上はお金を投資しているのと

同じ。

 

無料だけど

ガチャにお金を使っているのと

同じ。

 

無料であっても

この人にお金を払って

教わりに行くかどうか?

検討するくらいの気持ちで

見たほうがスポーツであれば

多分ヒントにはなるだろう。

 

 

8月から始めた

オンラインスイムスクールは

現在、女性と男性は

50%づつ

想定していたより

女性が多く

感想も、女性が多く寄せてくれている。

 

早く結果が欲しいという人は

どちらかと言えば男性に多いし

つい先を急ぎたくなると思うが

自分の状態を感じることができて

初めて解が生まれ。

 

それにあった

方法が導き出せるので

丁寧に自分の状態を知ることに

時間をかけて欲しい。

 

そのほうが

アレコレ沢山の動画をみるより

脳が答えを探し出しやすくなることは

確かだと思っている。

 

今年も最後の4半期です

成長が感じられる時間に

投資しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のプラットフォームを確立せよ

JUGEMテーマ:起業

 

<<麻生真稔の思考>>

 

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/8/03】

 

 

 

昨日は新しいオンラインスクールのリリースをしたので

 

ここ数日は、作り込みのためにちょっと頭と手を働かせた。

 

 

初日は既存の会員さん限定で告知

 

今日からは、僕のことを知らない人にお知らせをしていく。

 

アイデア自体は随分前から構想していて、

 

いくつかのテストを繰り返しながら

 

最終日にアレコレ決めたことも含め

 

やりながらバージョンアップしていこうと思う。

 

例えばyoutubeは広告収入なので

 

自分がかけた時間に見合う収益が得られるようになる

 

までの道程は見えづらい。

 

権利収入だとしても

 

更新しないものやクオリティが低いものは

 

一度売れても

 

オワコンになりやすいので

 

集客できたあとでも

 

一定程度の手間暇がかかる

 

本人のブランドで売れていくと

 

外注化が難しいという課題も生まれる。

 

動画はキラーコンテンツになりやすいゆえに

 

戦略は必要。

 

 

集客してくれるプラットフォームを

 

どう捉えるか?

 

ここが

重要なところになるだろう。

 

 

もちろん、最初は

どんなものか??

 

 

と漫然とテストケースとして

始めてから考えてもいいのだが

集客できると没入してしまう

のがプラットフォームの特徴なので

 

 

最後は

 

自分のプラットフォームを確立することが

遠回りでも

もっとも時間価値の高い

ビジネスになると思うので

 

長期的なビジョンを描いておくことが大事だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

=================

 

-----------------------------

 

僕たちと一緒に水泳指導者の

新しい世界を創りたい方は

こちらへ

 

http://infinityswimrecruit.info/

 

僕の新しいオンラインスイムスクールで

一緒に学びたい方は

こちらへ

 

https://asoinfinityfarm.stores.jp/

 

 

秘書が開発している

人生変容

プログラム

理想の人生を創りたい方は

こちらへ

http://artemisfun50.work/info/academy/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまで手を挙げる順番を待っているのか?

JUGEMテーマ:起業

 

<<麻生真稔の思考>>

 

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/8/01】

 

 

思っているだけじゃダメ。

 

行動=アウトプットが必要だよ。

 

という話を昨日社内collegeという定例会で話しをした。

 

コンテンツを持っている方が強い

 

コンテンツをアウトプットしている方が強い。

 

仮に同じアイデアを持っていたとしても

 

先にテレビで取り上げられた方が「圧倒的に」売れるのだ。

 

日本は横並びでかつ謙虚が美徳

 

とされてきたから

黙っていてもわかってくれる人はわかってくれるだろう

 

という風潮もまだまだあるが

 

きちんと

自分の伝えたいことは

理解してもらえるように伝えないと

 

意見があるのに

いつまでも

手をあげずに

順番がくるまで

待っていたら

もう自分が答えたいことは

前の人達が全部答えてしまっていた。

 

 

ということは普通に日々起きているのだ。

 

 

僕のコンテンツも販売するので

 

楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

僕たちと一緒に水泳指導者の

新しい世界を創りたい方は

こちらへ

 

http://infinityswimrecruit.info/

 

 

秘書が開発している

人生変容

プログラム

理想の人生を創りたい方は

こちらへ

http://artemisfun50.work/info/academy/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変化をもたらす相手は誰なのかを考える

 

<<麻生真稔の思考>>

 

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/7/30】

 

 

僕達の会社では

 

水泳を教えるだけではなく、

 

全ての事象において

 

上達するための普遍の原理というのを

 

学ぶための講座

 

infinity Body college

 

というのを定期的に開催している。

 

 

 

今年はそのしくみを用いて

 

全くの体操の素養ゼロの大人達が

 

バック転ができるようになるワークショップを月に1度開いている。

 

開催して半年、学ぶ人たちは自主的に補講を受けるグループまで作り

 

講師の遠山知秀先生のところまで、仕事を終えた後に通っている。

 

いわゆる運動神経が良い方も中にはいるが、大半は40~50代の普通の人たちであり

 

多分、『バック転ができるようになったよ!!』と

 

誰かに言っても

 

全く信じてもらえないであろう人々である。

 

中には子供の頃病気で運動をほとんどしたことがない人まで今では

 

それなりに跳んでいること自体が驚異的な上達である。

 

できないことができるようになるプロセスの細分化のプロである遠山講師は

 

20年以上前から「上達科学」という分野をひたすら体系化し、

 

「教えると学ぶ」の状態を言語化し

 

およそほとんどのスポーツに於いて、できない状態をできる状態にする達人である。

 

 

ライザップではないが

 

できない自分、自信がない自分から

 

できる自分、自信がある自分へ

 

変化を遂げることが可能である。

 

 

ライザップと異なるのは

 

パーソナルに変化をもたらすのではなく

コミュニティに属する人全員に変容をもたらすのだ。

 

パーソナルに変化を与える方が個人にスポットを当てれば

個人の変化は速いが、

 

集団に変容がもたらされると結果の出ない人がいなくなり、

それぞれの人がトランスフォーマーになっていく可能性が高まる。

 

 

わかりやすく言えば、落ちこぼれる人がいなくなり

お互いがお互いを高め合う存在になる。

 

 

経営者としては

 

個に変化を与えるプログラムと

集団に変容を与えるプログラムの

 

配分を考えながら

ビジネスを考えながら進む。

 

コレだが絶対、アレだけが絶対

 

ではなく、常に、みんなの、なりたいの先にビジネスを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

僕たちと一緒に水泳指導者の

新しい世界を創りたい方は

こちらへ

 

http://infinityswimrecruit.info/

 

秘書が開催している変容

プログラム

理想の人生を創りたい方は

こちらへ

http://artemisfun50.work/info/academy/

 

 

JUGEMテーマ:社長の頭の中

JUGEMテーマ:起業


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30歳で起業はもう遅い

JUGEMテーマ:起業

<<麻生真稔の思考>>

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/7/27】

 

ここ2〜3年で登場している金融決済システムが

より小さな「個」の単位にフィットしたものが多く

まさに銀行口座へアクセスする回数が今後も激減していくものと

思う。

 

 

取り入れ方によっては、中国のアリペイなどのように

レジの無い路上店舗でも、店を持たない個人でも

どんどんちょっとした決済が可能になるだろう。

 

 

今までは金融機関が積み上げてきた信用情報(金銭の範囲に止まる)

より広範囲でのインターネットの世界における信用が積み上げられて

いく動きは加速している。

 

 

例えばクラウドファンディングで海外への渡航費を集めてしまう若者は

もう、起業のために銀行からの借り入れやそもそも銀行すら使わなくなるだろう。

 

 

サラリーマンの安定した収入を信用の柱にしていた

金融モデルが激変し、発信や行動が基盤の社会に変わっている。

 

個人がかつてに比べて起業しやすくなったのは、資本金や借り入れ利息が低くなった

ことよりもインターネットによるテクノロジーの面が莫大に寄与率が大きい。

 

そしてフィンテックと呼ばれる金融テクノロジーが

さらに個人に身近な世界で大きな波を作っている。

 

 

10年前は30才は出世の別れ道だったようだが、

今やかつてのように十分な教育を会社で受けることができない上に

会社外で必要になる能力が違い過ぎるので

これからは30才過ぎてからの起業も厳しくなるだろう。

 

女性は個人で活躍できる分野が男性とは違いがあるので

年齢にはとらわれず

報われない仕事をしているのであれば

小さなやりがいにこだわり過ぎず視野を広げてみるのもいいと思う。

 

人生の主人公が誰なのか?

をすぐにでも考えて準備する人には

支援を始めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の夢と自分の夢を同時に叶える人になれる

JUGEMテーマ:起業

 

<<麻生真稔の思考>>

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/6/22】

 

 

大手企業でなければ

 

会社の求人ホームページは

 

会社のホームページと同じくらい手間を

 

かけないといけない。

 

何故ならば小さな会社はそもそも

誰にも知られていない。

 

 

今回は自前だが

 

swimschool用の

 

新しい求人専用サイトを作成した。

 

サイトは全て

 

自社で作る

 

中身をいじりたい時も

 

すぐに変更できる。

 

これも逆に大手ではないからこそ

 

できることで

 

完成された美しいサイトを作ってもらっても

 

自分たちで手間暇かけられないものは

 

むしろ役立たない。

 

いちいち作成会社に指示書を書いたり

 

あっているか確認したりするよりは

 

スピードも出る。

 

赤ちゃんと一緒で

 

世の中に出て来てほったらかしでは虐待である。

 

しっかり目の届くところで手間暇かけて

 

サイトを育成していく

 

ある意味

 

起業にはそういう楽しみもあると思う。

 

さて

 

僕たちのswimschoolだが

 

ファシリテーター達は

 

他社と比べて

 

圧倒的に少ない時間で

 

多い報酬を得ていた。

 

こちらを読んでいただける人の中で

 

水泳選手を知っているとか

 

水泳指導者を知っているという

 

方がいれば

 

そういう働き方ができることを

 

知らせてもらえたら

 

嬉しいです。

 

 

 

-----------------------------

 

僕たちと一緒に水泳指導者の

新しい世界を創りたい方は

こちらへ

 

http://infinityswimrecruit.info/

 

 

 

 

 

 

 

 

独立への道のりは教えてもらえないことが多い

JUGEMテーマ:起業

 

 

<<麻生真稔の思考>>

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2018/5/16】

 

1月末で会社も丸4年が経過

5年目に入った。

 

 

3月末で

学生のファシリテーターたちが就職ということで

一旦卒業したので、

 

新しい人材の募集もしたいのだが

景気が良いのかなかなか難しい。

 

当社は学生であっても

単なるアルバイトではないので

 

起業センスが身についていたため

就職してすぐに同期との

 

差がかなり出ていると

就職して1ヶ月後の元ファシリテーターからの

報告がGW最中にあった。

 

 

会社に入ったら圧倒的に同期に差を

つけたいと思っているスイマーには

 

プールで指導する

わずか1日2時間程度

を楽しく過ごすことができるなら

 

オススメの仕事のひとつである。

 

また

就職はしたくない人や

 

就職しちゃったけど

やっぱり

スポーツ指導の仕事で独立を

考えている人は

 

普通のコンサルでは教えていない

 

独立への道のりを教えるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水から離れても心は繋がる

JUGEMテーマ:社長の頭の中

 

 

<<麻生真稔の思考>>

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2017/12/25】

 

水泳コーチらしくない写真でカレンダーを作ってみました。

 

初の試みですが、こういうグッズを作るときは

なるべくお客様と一緒に作っていきます。

 

意見は特に言わずにプロセスを楽しみながら購入される方もいれば

意見は色々出してくださって購入されない方もいます。

 

注文をいただいてからも

実はその方の好みに合わせて写真をカスタマイズしていて、

これは、お客様との距離をより近くしていくことに繋がる。

 

水泳コーチらしくないというのが”ポイント”で

水泳のお客様以外も購入してくださったりするのが嬉しいし、

オフィスのデスクにも置いてもらいやすい。

 

水から離れても

心が繋がる時間を作るのが

リテール事業の価値である。

 

 

==========================

 

僕たちとプールの景色を変える使命を感じた人はこちらから

 

http://asoinfinityfarm.com/free/bosyu

 

僕たちとオフィスの景色を変える使命を感じた人はこちらから

 

http://asoinfinityfarm.com/free/kenkoukeiei

 

僕たちと最高の一瞬を今すぐ味わいたい方はこちらから

http://infinityswimschool.tokyo/revolution/

 

========================

 

 

 

 

 

 

「楽しむ」にコミットすると

JUGEMテーマ:社長の頭の中

 

<<麻生真稔の思考>>

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2017/12/18】

 

こと水泳として表現するが、、、、、、

自分の会社を自分の思った通りに動かせるようになるには?

と置き換えてみてもいい。

 

============

 

突然ですが、
「楽しむ」ということは、どういうことでしょうか?

 

できないことができるようになって「楽しい」


泳げなかったのが、泳げるようになって「楽しい」


水に入るだけでも、リフレッシュができるから「楽しい」


順位やタイムなどの結果が出れば「楽しい」

 

「楽しみ方」
「楽しいと感じる瞬間」は、人によって様々あると思います。

 

 

特に、
現役選手や、趣味でも競技をやられている人は、
最後の「結果が出れば楽しい」という人が多いのではないかと思います。

 

 

でもそれは、逆をいってしまうと、
「結果が出なければ楽しくない」ということになってしまいます。

「楽しくない」というより「苦しい」という表現が適切かもしれません。

 

 

以前の僕がそうでした。

そして、その次も「結果がでない」のです。

 

 

考えてみれば、当たり前です。

結果が出ていない、「普段の日々が苦しい」のですから。

それに気が付いた僕は、結果とは別なところに「楽しさ」を見出しました。

 

 

それは…
「自分の身体を、自分の思った通りに動かすこと」です。

もちろん、はじめは思った通りには動かないのですが、それが徐々にできるようになってくる感覚、
できなかったことができるようになる感覚は、とても「楽しかった」です。

そうして、全日本で準優勝をすることができました。

 


特に、なにもしていません。

「自分の身体を、自分の思った通りに動かすこと」を純粋に「楽しんでいた」だけなのです。

 

今、「結果が出ないから楽しくない」、「苦しい」という人は
僕のように、なにか違うところに「楽しさ」を見出してみてはいかがでしょうか?

きっと「結果的に、結果が出てくる」と思いますよ

 

==========================

 

僕たちとプールの景色を変える使命を感じた人はこちらから

 

http://asoinfinityfarm.com/free/bosyu

 

僕たちとオフィスの景色を変える使命を感じた人はこちらから

 

http://asoinfinityfarm.com/free/kenkoukeiei

 

僕たちと最高の一瞬を今すぐ味わいたい方はこちらから

http://infinityswimschool.tokyo/revolution/

 

========================

 

 

infinity合宿in愛媛2017

JUGEMテーマ:起業

JUGEMテーマ:社長の頭の中

 

<<麻生真稔の思考>>

 

【八丁堀ではたらく社長の頭の中/2017/12/11】

 

金曜日から愛媛に合宿に来ている。

 

世界中からサイクリストが訪れるお店 Grooveのオーナー平磯さんは、

 

東京にくると、僕のレッスンにも参加してくれるベテラントライアスリート。

 

平磯さんの一言は妙に、ズシンと来る。

 

「愛媛に来なきゃ!」とお誘いなのか?命令なのか?の一言をいただき、今回実現。

 

最初にご縁を繋いでくれたのは、infinity 最古参のファンでもある高倉さん。

 

昨年は共に、沖縄に行ったり、静岡に行ったり。

 

今回も忙しいご自身の仕事を調整して、共に愛媛に行ってくれた。

 

合宿では、実は座学が殆どである。

 

なぜ座学に時間を割くのか?

 

ビジネスのセミナーでも同じこと。

 

お金が儲かる単純なノウハウを教えるセミナーもあれば、集客が困らない方法を教えるというセミナーもある。

一方で人間の可能性について深く語るセミナーもあれば、ビジネスのストーリーを深掘りさせるセミナーもある。

 

どの思想に感銘を受けて、行動し、結果を確認し、そこから再現可能な思考法を構築するか

 

行動してみて、どのスキルが足らないのか?立ち戻った時の足場がないと、毎回同じ失敗を繰り返す。

 

武術のセミナーでも同じこと。

 

綺麗に捌ける型の振りを、仮に1時間で身につけても、

 

その型が生まれたストーリーを知り、稽古して、振り返り、再現できるのかを確認して型として構築していかないと

 

少年がブルース・リーの動きを真似て動けるようになったのとなんら変わらなくなってしまう。

 

泳ぐのも同じこと。

 

地方にお住まいで、そもそもコーチにつけなかったり、いい練習法がわからなかったりしている人がいたら

僕に相談してください。

 

 

 

==========================

 

僕たちとプールの景色を変える使命を感じた人はこちらから

 

http://asoinfinityfarm.com/free/bosyu

 

僕たちとオフィスの景色を変える使命を感じた人はこちらから

 

http://asoinfinityfarm.com/free/kenkoukeiei

 

僕たちと最高の一瞬を今すぐ味わいたい方はこちらから

http://infinityswimschool.tokyo/revolution/

 

========================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1234>|next>>
pagetop